アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
のぶちゃん
のぶちゃん
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2008年06月14日

似た者同士(^_^)ライバル関係?





☆最初に『50,000Hit』ありがとうごうざいます!m(_ _)m
最近、忙しさに感けて更新が滞りがちの中、各も多くの方々に御覧頂き、大変驚いて居ります。これからも頑張って行きますのでどうぞ宜しくお願い致します。


さてさて今回は、

『S&W M686 & COLT PYTHON』


※実銃については、Smith&Wesson社Colt社を夫々代表する“357Magnum”使用のリボルバー。
 *タイトルの「似た者同士」とは、一目瞭然。パッと見れば同じ物か?でも直ぐ解る両銃の違い。似ているのはバ
  レルの形だけ。似ていると言うのは雰囲気だけで、実際は全然違うのですけどね(^_^;)


 *次の「ライバル関係?」は、普通のGunファンならば、『COLT PYTHON』“ライバル”は44Magnum使用の【S&W M29】と考えるでしょう。(映画「ダーティーハリー」絡みで・・・。)私の場合、どう考えても『PYTHON』と『M29』は使用弾の威力の違いや外観の大きな違いからライバルとは考え難いのです。(ただし、PYTHONとM29は両社を代表するリボルバーであることには違いありません)どちらかと言うとこの『S&W M686(M586)』の方がより『PYTHON』とはライバルではないかと思います。
 *しかし、両銃の間には開発年次に24年と言う開き(「PYTHON」1956年「S&W M586」1980年)があり、単純に“ライバル”として比較するには『PYTHON』の方が余りにも不利と思います。

※それで、トイガンの方ですが、
『S&W M686』です。マルシン工業製モデルガン。大阪は南の某Gunshopで新品のデッドストックされてた物を引取りました。
 同SHOPには、このモデルとパックマイヤー製ラバーグリップ付の2品が有ったのですがラバグリ付の方は純正のプラグリップが付属していなかった(紛失したそうです)ので、ノーマルを選びました。長らく倉庫内に眠っていた割りには、状態が良く満足しています。









『COLT PYTHON』です。東京マルイ製ガスガン。これも某GunSHOP出品の大型オークションで落札した物。前の所有者が塗装し、グリップもノーマルのラバーグリップから木グリ風のプラグリに換装しています。今回は写真はありませんが、ノーマルの『COLT PYTHON』も所有していますが、この使い古し、ブルーが剥げた感じに仕上がっている外観が気に入って落札しました。良い写真ではないですが、雰囲気が出てると思いませんか?解りずらいですね(><;)







※実射感ですが、『S&W M686』はモデルガンの為、撃つ事は出来ませんが、『COLT PYTHON』の方は24連射バッチリ!ノーマル純正品と変らない感じです。(外観カスタムで中身はノーマルやから当たり前ですが・・・汗々)この後コレクションしているカート式にカスタムした『COLT  PYTHON 6in』モデルのシリンダーと交換し、更にマルベリーフィールド製(?)木製グリップに換装し、よりリアルなシューティングを楽しもうと考えてます。













  

Posted by のぶちゃん at 00:02Comments(11)リボルバー

2008年06月07日

F.B.I正式採用銃





『スプリング・フィールド・アーモリー FBIビューローモデル 』


※今回も先の『MEUピストル』に引き続き“J-Amory”製ガス・ブローバック・ガンで、発売からかなりな日数が経過しておりますが、最近手に入れました。これもMEU同様にかなりな特価販売品でした(^_^)v
≪最近私の財政状態が逼迫しており、この様な特価品を買う事が多いんです・・・涙)・・・しかし!後数日でボーナスが出る!!一気に私の財政が好転します・・・するでしょう・・・多分する・・・するかな~?妻の服に子供達の物・・・ギャ~!買う物が多過ぎる!無理だぁ!!財政は逼迫したままやぁ(>。<;)


話は横道にそれましたが、本題へ・・・(^_^)

※実銃※の話。


 アメリカ合衆国連邦捜査局<F.B.I>が、S&W M13 に換わる制式銃として、厳しい各種のトライアルの結果採用を決定したのがこのスプリングフィールド・アーモリー社(以下SFA)製『FBIビューローモデル』である。M1911系のカスタムガンでは、最高峰に近い仕様になっている。
 *また、この『FBIビューローモデル』については、SFA社がFBI採用モデルと同仕様で一般販売を企図した(約200丁限定?)が、FBI当局より一般販売にストップが掛かり、一部は回収されると言う珍事が有った。
 *ちなみにJ-Amory社がモデルとしたこの『FBIビューローモデル』は、ノバック・サイトで有名な“ウェイン・ノバック”氏のコレクションをモデルとしているそうである。

 *しかし、現在ではSFA製『FBIビューローモデル』.40S&W弾使用の銃に換わっているそうである。銃の種類はわからないですが・・・ほんとうかな?知っている方居られましたらコメント下さいm(_ _)m








続いては※トイガン※の話。
*左の写真は、『FBIビューロー』とWA社製“ウィルソン・コンバットFBIトライアル・ピストル”です。実銃の世界ではFBIビューロー・モデルに敗れたFBIトライアル・ピストルですが、トイガンでは作動感や材質、表面処理等でFBIトライアルピストルの方がビューローモデルを凌駕しておる様に思います。(私の主観ですが・・・。)
*このFBIビューローMEUピストル同様に貴重なコレクションとして長く所有を考えておりますが、やはり撃たなきゃその良さはわからない!っと言う事で実射編ですが、今回はトライアルピストルと共に撃ちました。


 ・精度や弾道は、製造が何れもWA社と言う事で何ら遜色は無いと思いますが、リコイル感は材質から来る違いが如実に現れました。SFAビューローはABS材、一方トライアルピストルはヘビーウェイト。ガツン!ガツン!!来るのはやはりFBIトライアルピストル。表面処理から来るのであろうけれども、雰囲気もやはりトライアルピストル。とは言え、やはり実銃で制式採用されたと言う事が不動のアドバンテージ。幾らトイガンで綺麗に強力に仕上げても最後はそこで負けてしまう。
*いずれにしてもこの両銃は私のコレクション中では最高峰に位置するに充分なものであると思います。


※最後は、この『SFA社製FBIビューローモデル 』『ウィルソン社製FBIトライアルピストル』夫々の各部分の比較写真等掲載します。








































  

Posted by のぶちゃん at 00:04Comments(6)other

2008年06月04日

MEUピストル・・・慌てる者は貰いが少ない。でも後悔せず!





『 MEUピストル レイト・モデル 』


※今回のモデルは、アメリカ軍海兵隊遠征部隊用に採用されているcal.45のM1911カスタムモデル。実銃についての詳細は、今更説明するまでも無く皆様の方が良くご存知と思いますので割愛します(^_^;)

※今回のモデル『 MEUピストル レイト・モデル 』は、J-Amory製(WAへのOEM製品?)。
*これは、3週間ほど前に某大手電気店のK○ds L○ndで30%offでラスト1丁を購入しました。購入2日後に東京マ○イ社が静岡ホビーショウで次期新製品として【 MEUピストル レイト・モデル 】発表し、しかも発売はかなり近い様な情報で驚愕!ショック百倍でした(>へ<;)この事が今回のタイトルに繫がる訳で・・・安さと、最後の1丁に吊られ衝動買い・・・後悔しました。

*しかし!その後数日して某Gunshopを訪れた際、この話をすると「J-Amory社は、倒産か解散かわからないけど、もう無いよ。だから“J-Amory”製品は数年後か数十年後かわからないけど、値打ちが出るんじゃないかな?」との事。
それならばこのモデルは大事にしなければと今は心の整理を就け、東京マ○イ製『 MEUピストル 』の発売を心待ちにしている私です(^_^)v






※大事に所有するのは良いけれど折角購入したのだから、撃って見なきゃと元来私はコレクターでは有りますが、実射派のコレクターでありますので大事にガンロッカーで保管するのは生に合わない。と言う事で≪実射≫の感想です。(長い前振り・・・汗々)

※さすがにWAマグナ・ブローバック!(J-Amory製品では有りますが、OEM製品ですので敢えて“マグナ”と呼びます。)
リコイルに弾道は素晴らしい!!また、WAのマガジンも使用出来(当たり前ですが)、予備マガジンの購入も必要なし!!!
当初の後悔がどこに行ったやら、大変喜んでいます(^_^;)v


*ものは次いでだから、WA製の『MEUピストル アーリー・モデル』と撃ち比べ。ABS製とHW製の違いは有れど、中々どうして良いではありませんか~(^。^)

※今回のJ-Amory製『 MEUピストル レイト・モデル 』は、今私の週末の農作業のお供にKimberと入替っております。当面私のお供になりそうです!
※最後にレイト&アーリーモデルの夫々特徴的な部分のアップ写真を掲載しま~す。それではまた~\(^。^)/
















   

Posted by のぶちゃん at 16:13Comments(2)other

2008年05月01日

掘り出し物です!?



久しぶりに更新します!仕事やプライベート事情で、一ヶ月以上間が開いてしまいました(;_;)
少し余裕が出来てきました~で更新します。


今回は、

“SMITH&WESSON M629 マウンテン・リボルバー”


先週末、時間が有ったので大阪南の某Gunshopを訪れた際、発見しました!≪新品≫のこの銃を!!

さすがに箱はかなり傷んでいましたが、中身は新品。作動もバッチリ!
☆実銃☆
*詳しい資料等は無いので、あくまでうる覚えの記憶ですが、ハンティング用の従来のM29では重量が有り、一日中持ち歩くには相当負担になる。少しでもその負担が軽減できればと、S&W社が限定で製造したモデルだった。
*名前の『マウンテン・リボルバー』の由来は、銃身を既存のM29用のブルバレルから44spl用のテーパーバレルにした為、従来のフロントサイトでは低くなる為、既存のM29の物よりかなり高く作られているからとか、「ハンティング」時携帯するから(ハンティングは基本的に山野へ出かける為)とか言われておりますが、私はどうもフロントサイト説だと思います。もし誤っていれば訂正のコメントお願いします。)
☆トイガン☆
*これは今は無き『コクサイ』社製ガスリボルバーであります。トイガンでは唯一のモデルアップされたもの。数箇所今のガスガンでは考えられない形状をした部分(ハンマー)も有りますが、それはこれが作られた時代がそういうものでも受け入れられていた為仕方ないと思います。
*しかし、そういう部分が有っても全体的には非常に素晴らしい出来です(^_^)v
*特に、この銃の最大の特徴である≪テーパー・バレル&フロントサイト≫が見事に再現されております。
*グリップもパックマイヤー風のラバーグリップ。非常に握り易いです。
*塗装?メッキ?も当時のコクサイ製品共通ですが、非常に良く、発売からかなり年数が経っているにも拘らず、素晴らしい輝きを持っています。(^_^)





*実射ですが、これは・・・・最悪・・・(><;)とりあえず「BB弾が飛ぶ」って言う程度。当時としてはかなり飛んでいたのでしょうけど、現代のガスガンやエアーガンから見ると・・・比較なりません。5~6m先の的に辛うじて当る程度です。
*まぁ私はこの銃に関しては、撃って遊ぶより眺めて飾るコレクション。つまり、モデルガンとして所有します(^_^)

☆最後になりましたが、全く一ヶ月以上更新していないにも拘らず、多くの方がこのブログを覗いて頂き、な・なんと40.000Hitオーバーと言う事になっていました。本当にありがとうございます。
 これからも、かなりペースが落ちるとは思いますが、地味に更新して行きますので、どうぞ宜しくお願い致します。
  

Posted by のぶちゃん at 11:10Comments(3)S&W

2008年03月22日

コンパクト・リボルバーの最高傑作!?




※一週間ぶりの更新です。平日は決算期を迎えた会社、春めいて来た気候により、休日は農作業と前週末位から忙しくなり中々更新できませんでした(><) 
 そうした中で、新しい銃を手に入れましたぁ(^○^)/
 それは小さいながら、「名作」又は「最高傑作」と言う“名”を冠するスナブ・ノーズ・リボルバー

『 SMITH&WESSON Mod.15 COMBAT MASTERPIECE 2inch 』


★実銃★
※1931年発売の“S&W K22 ターゲット・ピストル”(.22LR)を基として、“K22”(.22LR)“K32”(32S&W)“K38(M14)”(.38spl)と発展し、6インチ銃身付が主であったが、軍や法執行機関向に4インチも作られたのが、『S&W M15 COMBAT MASTERPIECE』である。
※また、今回の主役≪2インチ≫モデルは、極少数法執行機関向に製作されたものである。極少数と言っても“限定生産品”ではなく、通常販売はされたが、余り売れなかった様である。それに、この2インチ・モデルには、『S&W M56』と言う別モデル名が付いている(らしい?)。
※特徴としては、全体の雰囲気はS&W社Kフレームの代表モデル“M19 COMBAT MAGNUM”に類似している。しかし、M15(M56)は、エジェクター・シュラウド・レス・テーパード・バレルを採用し、.38SPL弾仕様の為、ロング・フォーシング・コーンとなっており、M19とは似て非なるものである。(開発年ではM15の方が先だから、M19がM15を模して造られた。)
※銃身もフォース・モデル(M15‐4)から、ストレート・ブルバレルが採用され、より銃身の耐久性が向上した。
※それで、今回の≪2インチ≫モデルは、M15 COMBAT MASTERPIECE銃身バリエーションとして登場しました。先程2インチモデルを“M56”と紹介しましたが、違いは銃身のみで、他は4,6インチモデルと同様なのでS&W社のモデル名を分ける狙い?意図?は不明です。
「M15」には、ステンレス仕様の『M67』があり、ステンレス仕様の≪2インチ≫モデルは存在しない。

★トイガン★
※今回の『 S&W M15 COMBAT MASTERPIECE 』2インチ・4インチは、ハ-トフォード製モデルガン
※非常に良く再現されており、発売発表後、某SHOPに即効予約しました(^_^)v
 *ただ、4インチと共に発売された6インチモデルは、財政事情の悪化により購入しておりません。欲し~い(;へ;)
『M15 COMBAT MASTERPIECE』は、小生にとってはM29・M19シリーズに次いで大好きな拳銃です。今を遡る事三十年弱、小生中学生のみぎり、マルシン金属製M15を所有しておりました。今はどこに消えたのか行方不明。家のどこかに有ると思われるのですが・・・見つかりません(;へ;)猶も時間を見つけ捜索中ではあります。
※ここでハートフォード社様にお願いです!『M15』2,4,6インチと全て揃ったので、次は“ステンレス仕様”『M67』!更には、「M19」の金型等を使用し、限定品で結構ですので『C.H.P 仕様M68』(木製化粧箱入り)!!を造って下さ~い!\(^○^)/!お願いしますm(_ _)m

※最後に、最近過去の小生のブログを見ていると、リボルバーが多く、しかも小生が中・高生時分に憧れた銃がその殆どで、最新のタクティカル・ガンで欲し~い!と思って購入したものは、KIMBER・シリーズ位。他の新しい物もコレクションはしているが、主体が1970~80年代のリボルバーやオートが中心になっています。ある種懐古趣味なのか、現状に潜在的な不満や不安があるのか?最近特にその様な事を感じます。
 今思えば、中・高生時分は何のシガラミも無く、趣味のモデルガンとクラブ活動の野球に夢中になっていました。あの時分は良かったなぁ・・・・・。つまらん戯言を書き申し訳無いです。少し書きたかったんです(^_^;)

  

Posted by のぶちゃん at 07:31Comments(0)S&W

2008年03月15日

新しいのにクラシック??





“必殺!マグナム!!” シリーズ 第6弾!最終回!!

『 SMITH&WESSON M629 CLASSIC 』

★実銃★
※基本的には、前回の『 S&W M29&M629 』と同様。「M29&M629」との違いとして外観で、COLT PYSONの様にマズルまで伸びた「バレルシュラウド」とリアサイト部に設けられたハンドガンスコープ用の「ネジ穴」が付加された事。
 *特に「バレルシュラウド」は、現在のS&W社リボルバーには標準で装備される様になっている。って言うか全てのリボルバーが、この仕様になっている。(一部限定生産の復刻版の銃には装備されていない)
※いま一つの違いは、銃身長。6.5in→6inへ短縮された。
※更にタイトルの通り、S&W社の44マグナムNフレーム銃としては、M29やM629等より新しいのに何故≪CLASSIC≫なのか?単なる愛称?何か意味があるのか不明であります。ご存知の方が居られましたらご教示下さいm(_ _)m
※また、「バレルシュラウド」を装備する事により、44マグナムと言う強力な弾の射撃時の構えた時のバランスやリコイル軽減には、役立っている。アラスカ等でのハンティング時のサイドアームとして、STURM RUGER SUPER BLACK HAWKと共に良く売れた。今でも、44マグナム以上に強力な500マグナムを使用するS&W M500や454カス―ル弾使用のSUPER RED HAWK等が有る中でも、撃ち易さから人気が衰えない。但し、ここで言う「撃ち易さ」とは、500マグナムや454カスール弾に比較しての事で、やはり強烈な反動は尋常ではない。

★トイガン★




















※この『 S&W M629 CLASSIC 』は、タナカ・ワークス社“ペガサス”リボルバー。
※実銃でのステンレス鋼使用のM629CLASSICシリーズは、以外にもタナカ・ワークス社からは発売されていなかった様で、昨年(だったかな?)発売されたものである。(スチール仕様のM29CLASSICは、かなり以前に販売されていました。)
※また嬉しい事に「M629CLASSIC」は、6inバレルではなく、6.5inバレルで再現されている事である。更に、M29CLASSIC同様、スコープ用の「ネジ穴」も手抜かり無く再現されている。




※この「S&W M629 CLASSIC 」のグリップも純正として、ホーグ(風?)のラバーグリップが着いて来ましたが、小生フィンガーチャネル付ラバーグリップは、長銃身銃には合わないと思い、ご覧の様にターゲットグリップM29 4in ミッドナイトゴールドの物)に換装しています。非常にカッコ良くなりました~\(^_^)/ ・・・私の好みですけど・・・(^_^;)
 *でもって、ラバーグリップはM29 4in ミッドナイトゴールド(写真)に付け、ご覧の様になってます。これはこれで良い感じになってるでしょ?

※実射感及び精度ですが、いつもの如く試射程度しか撃ってません(^_^;)
※この銃も撃って楽しむより飾って時々触って、アラスカ等にハンティングに出掛ける妄想の世界浸っています(^。^)v
 *あ!決して私はおかしな人間じゃないですよ!(><)
 *銃を触っている僅か数十分間だけ現実から逃避して、ストレス解消をしております。












★ところで、6回に渡って、私が所有する大口径マグナム拳銃を紹介してきました。







































これから暖かい季節に向かう中で、週末の農作業のお供として、今回紹介したマグナム達を提げて行き、時々射撃し、ハンティング気分に浸るのも良いかなって最近思っております。ただ、私の農園では猪・鹿・サル等の野生動物が出没するので、満更想像だけの世界ではなく実際に撃つ場面が・・・って動物や物を撃ってはいけません!!エアーガンはマナーを守ってこそ楽しめるのですから(^_^)v

よって野生動物が現れたら、大声を出して追い散らします。
ゴラ~!あっち行け~!!\(>○<)/


★さて、次回は何を紹介しようかなぁ・・・良いアイデア何か有ります?思案してみま~す(^_^)
  

Posted by のぶちゃん at 00:01Comments(6)S&W

2008年03月11日

元祖!最強の拳銃!!




“必殺!マグナム!!”シリーズ 第5弾真打登場!!

『 SMITH & WESSON M29 & M629 』


遂に出しちゃいました~\(^。^)/ 
私のコレクション中でも、同一機種異メーカー製造としては、S&W COMBAT MAGNUMシリーズに次いで多い銃です。
では、早速本題に


★実銃★
※1955年レミントン社S&W社が協力し、開発された「44レミントンマグナム」弾。翌年1956年その「44レミントンマグナム」用拳銃として、発売されたのが『 S&W MODEL29 』である。
※発売当時は、ハンティング用として、また「最強の拳銃」として全米でGunファンの脚光を浴びた。何よりもこの銃を世界的に有名にしたのが、クリント・イーストウッド主演の映画“ダーティー・ハリー”シリーズである。
 *映画では、SFPDの敏腕刑事“ハリー・キャラハン”(クリント・イーストウッド)が「S&W M29 6.5in」を片手に悪に立ち向って行く素晴らしい映画シリーズです。この映画のヒットが、Gunに興味の無い人々にも「44マグナム」と言う「最強の拳銃」の存在を知らしめました。また、S&W社の大ヒット商品となったのも事実です。古いGun誌(だったかな?)には、この映画のヒットにより全米のホームディフェンス用ハンドガンに、.44マグナムがかなり普及したが、ディフェンス用にはオーバーパワーとされ、問題になっている等と書かれていました。確かに、ディフェンス用での44マグナムとは過剰防衛になりかねないですね。って言うか過剰防衛そのものですね(><;)
『 S&W M29 』のバリエーションには、バレル長の違いによる3種(8‐7/8in、6.5in、4in)と素材の違い(ステンレス鋼仕様)のM629(銃身長はスチール仕様のM29と同じ。但し6.5inが6inとなる)があり、特別限定仕様には、3inや4inのマウンテン・リボルバー(何れもベースはM629)がある。
★トイガン★
※今回は『 S&W M29 6.5in 』を夫々メーカーが異なる3種を紹介します。
※左写真上:コクサイ製モデルガン(6インチHW)
※  〃 中:タナカ・ワークス製“ペガサス”ガス・リボルバー「ミッドナ
        イトゴールド」

※  〃 下:マルシン製カートリッジ式ガス・リボルバー(ステンレス
        仕様のM629です)





※まず、「コクサイ製モデルガン」のM29。昨年秋に発売されたモデル。ヘビーウェイトとスチール風のメッキされており、パーティングラインも消えており、リアルに仕上がっております。非常に満足なんですが、二つだけ不満な点があります。
 *まずは、銃身長が6.5inから6inになった事。実銃も詳しくは判ら
  ないですが、何ロット目からか6.5inが廃され、6inになってる様ですが、M29はやはり6.5inじゃなきゃつまらなくな
  いでしょうか?

 *二つ目は、カートリッジサイズ。このM29が発売される時、リアル
  カートリッジに変わった!との事で、ダミーカートリッジが使用できる(装填と排莢)と思いましたが、写真の通り大きさが違い、ダミーカートの装填は不可能(><)ほぼ41マグナム位の大きさ(もっと小さいかも・・・)、M29と言うよりM57って感じです(><)M57ならば、モデルアップされていないので、それはそれで嬉しいですが(^_^;)





※次に「タナカ・ワークス製“ペガサス”ガス・リボルバー」のM29【ミッドナイトゴールド】
 *これは、完全な鑑賞用。射撃用には、ABS製の同機種を所有していますので、そちらを撃っています。今回はその写真はありません(^_^;)
 *グリップは、キャロム・ショットの木製グリップに換装しております。この【ミッドナイト・ゴールド】仕様は過去の“ミッドナイト・ブルー”に比べ、リアルさは落ちますが、それでもかなり良い感じです(^。^)v
 *実射ですが、先程申しました通り、射撃用のものがあるので、このミッドナイトゴールド仕様のM29は全くの1発も撃ってません(^_^;)



※3つ目は、「マルシン工業製カートリッジ式ガス・リボルバー」でステンレス仕様のM629で6in仕様。
 *このモデルは、かなり以前、ガスリボルバー草創期に発売されたモデルと思います。詳細は、よくわかりません(><)このモデルは某オークションで落札入手したものです。詳しくは、このミリブロ内「偏向的トイガンカタログ」と題し、様々な貴重なコレクションを綺麗な写真で紹介している“Virna”様の方に紹介されておりますのでご覧下さい。(右上の“お気に入り”からVirna様のブログへ入れます)
 *実射ですが、購入後僅かしか撃ってません(><)初期のガスリボルバーですので、タナカ製ペガサスの様な飛びとは程遠いのは確かです。これも先程の、タナカ製【ミッドナイトゴールド】M29同様に観賞用として私のガンラックを飾っております。

※今回紹介したM29(M629)の他に、タナカ製M29 4in【ミッドナイトゴールド】も所有してますが、何れ機会があれば紹介します。
 最後に、このM29 3機種の写真を何枚かありますので掲載いたします。


















  

Posted by のぶちゃん at 00:05Comments(6)S&W

2008年03月07日

マッチョな赤鷹!





“必殺!マグナム!”シリーズ 第4弾

『 SUPER REDHAWK 』(.44magnum 7.5in )

★実銃★
※前回紹介した「BLACKHAWK」をダブルアクション&シリンダーをスウィング・アウトできる様にしたモデルの“REDHAWK”。更にリボルバーの最弱点と言われるフォーシングコーン部を強化し、44マグナムは勿論、454カスール、480RUGER弾等の今日装弾を安全に安心して撃てる様にしたのが、今回紹介する『SUPER REDHAWK』である。
『SUPER REDHAWK』の基本的な作動部分は、STURM RUGER社のダブルアクションリボルバーのパイオニア“セキュリティーシックス”シリーズの機構をそのまま拡大強化したものである。フィールドストリッピング等での分解手順は、全くと言って良いほどセキュリティーシックスと似ている。
※但し、外観はセキュリティーシックスとは似て非なるもので、特に先にも述べましたが、エジェクターロッドシュラウドと共に覆う様に強化したフォーシングコーン部やバレル&フレームのトップにスコープ用の切れ込みを付け、その違いが見て取れる。グリップ部やハンマー形状は、ほぼ同一。























『SUPER REDHAWK』の主な用途は、ハンティング用メタル・シルエット競技(今は廃れているかも・・・汗)用を主なターゲットとして、販売を開始した。商業的には、「BLACK HAWK」と共に安全且つ安価な大口径ハンドガンとして爆発的に大ヒットとした。
※余談ながら、『SUPER REDHAWK(BLACK HAWK)』「セキュリティーシックス」、そして米軍制式弾である5.56㎜M193弾が使える「Mini14」(短命の米軍制式ライフルM14の5.56㎜バージョン)等の大ヒットにより、1990年初頭にニューヨーク証券市場に上場を果たし、S&Wやコルトと並ぶ全米の一流銃器会社に成長した。













★トイガン★




















『 STURM RUGER SUPER REDHAWK 7.5in 』は、タナカ・ワークス製“ペガサス”リボルバー。
※シルバーメッキで実銃のステンレス鋼の雰囲気を上手く醸し出している。メッキ製品では定評のあるタナカ・ワークス社。色具合は言う事無し!

※また、内部機構も良く再現されており、フィールドストリップもほぼ実銃同様に行なえる。外観では、フレーム・トップのスコープ用スリットも付いており、実際にスコープを乗せる事ができ、フレーム強度もほぼ問題は無い。
※外観上で、『 SUPER REDHAWK 』で気に入っている部分は、“グリップ”である。(右写真)
○日本人男性としては小さい方の私の手にも無理なくヒィットします。実銃では、強力な44マグナムや454カスール弾を撃つには、小さ過ぎ、アフターマーケット製の大き目のグリップに換装しているそうですが、これはガス・リボルバーなので反動の心配が無い為、このグリップでも充分です。













『 SUPER REDHAWK .44MAGNUM 7.5in 』“ペガサス”リボルバーの実射性能ですが、ガス・リボルバーには大変厳しいこの時期でもソコソコ飛びます。勿論、シリンダーを充分暖めての実射です。
 ただ、この固体だけかも知れませんが、HOPがキツイのか10m程度飛翔してから鋭くホップします。しかし、可変ポップですから調整すれば正常に十数mは飛翔するでしょう。このモデルは私の場合撃つよりもコレクションのつもりで購入しましたので、ポップ調整はしませんし、精度云々は余り気にしません。
※最後に、あくまで私個人の好みですが、『 SUPER REDHAWK 』よりも旧型の『 REDHAWK 』の方が、好まれます。やはり、エジェクター・ロッドを収納するバレル・シュラウド部分が強化されての膨らみが全体的にデザインバランスを崩している様に思えるのです。その点、旧型の『REDHAWK』はスラッとして、中々良い感じです(^_^)













 タナカ・ワークス様!『REDHAWK』“ペガサス”リボルバーを造って下さい。
お願いします!m( _ _ )m

 ・・・・最近ブログの最後は決まって「何々を造って下さい!!」で終ってる様な気がします・・・我ままですね(><;)
  

Posted by のぶちゃん at 00:05Comments(9)SturmRuger

2008年03月05日

ドッゴォ~ン!と叫びたくなる大型マグナム拳銃




“必殺!マグナム!!”シリーズ 第3弾

『 Sturm Ruger SUPER BLACKHAWK .44magnum 7.5in 』


★実銃★
COLT社製シングルアクションアーミー(SAA)を参考にSTURM RUGER社が開発した「ブラックホーク」(.357Mag他)を1955年に開発され、大ヒットした大型弾薬.44Magを撃てる様に改良したのが『スーパーブラックホーク』である。
※全米でいまだに根強い人気を誇る“クイック・ドロー”(早撃ち)。従来は、高価なコルト社S.A.Aを使用されていたが上述の「ブラックホーク」が安価で誕生した事により、一挙にその競技人口が増大した。その理由として、銃自体の≪安価≫は勿論だが、その耐久力と何より、取扱上の安全機構がそれまでのリボルバーには無かったものが装備され、その機構の信頼性もほぼ完全に近いものがあった。
※その安全機構とは、【トランスファーバー】システムである。また、コルトSAA等では弾薬の装填・排莢時ハンマーをハーフコック位置にし、ローディングゲートを開いて行なわなければならなかったが、ブラックホークでは、ローディングゲートを開いた時点でシリンダーがフリーとなり排莢・装填ができる機構も合わせて付けられた。
  【トランスファーバー・システム】とは、トリガーを完全に引き切らない限り、ハンマーがファイアリングピンを打つ事の無いセイフティー。ハンマーを起こした時にファイアリングピン後部に金属板が競り上がり、トリガーを引き切った時に始めて金属板が下がり、ハンマーがファイアリングピンを撃つ。不時にハンマーがレットオフした場合(落銃等)にはこの金属板がファイアリングピンを打つのを防いでくれる。

※以上の如くに「ブラックホーク」は、スタームルガー社の大ヒット商品となり、同社発展の基礎を22口径ルガーMkⅡオートと共に築いた。
『スーパーブラックホーク』は、上述の通り.44レミントン・マグナムを撃てる様に「ブラックホーク」のフレームを強化し、開発されたもので、主にハンティング用をメインに、メタリックシルエット競技等にも使用された。現代でもハンティング時の護身用等に良く用いられている。

★トイガン★
『 スーパーブラックホーク.44マグナム 』は、マルシン工業製8㎜BB弾使用ガスリボルバー
※世のGunファンで、30代後半から40代後半(もっとちょっと年代は上に行くかな?)の方々は、週刊少年ジャンプに連載された“ドーベルマン刑事”をいの一番に連想されると思います。私めもその一人(^_^)
 前回の.44オートマグと合わせて、左手で右手の手首を持って
≪ドッゴォ~~~ン!ズッゴォ~~~ン!
 ドッズッゴォ~~~~ン!!≫

って感じかな(^_^)


※この『 .44マグナム・スーパーブラックホーク 』は、非常に出来が良いです。
 *ヘビー・ウェイトでズ
 ッシリ重く、上述の「ト
 ランスファーバー・シス
 テム」
も再現されており
 ます。また、8㎜BB弾
 のカートリッジ式で如何
 にも銃を撃っているって感じですよ(^_^)v






















※実射性能ですが、試射程度しか撃っておりません。この銃は撃って楽しむより、装弾・実射・排莢と典型的な「弾の出るモデルガン」的に遊んでいます。しかし、この10.5インチ・モデルが悪法の“改正銃刀法”におけるジュール規制に抵触した為、改修されるほどの威力があり、規制には抵触しなかった7.5インチのこのモデルもソコソコ飛びます。命中精度は先述の通り調べてません(><)
  

Posted by のぶちゃん at 00:05Comments(5)SturmRuger

2008年03月04日

実際に存在したのか!!




“必殺!マグナム・シリーズ!!” 第2弾

『 AMT M280 .44オートマグ クリント1 』


★実銃★
※この銃自体は、バレル長を除き、前回の『AMT M180 .44オートマグ 』と全く同一。バレル長は、「M180」6.5インチ「M280 クリント1 」8.5インチ
※タイトルの《実際に存在したのか!!》とは、この“M280クリント1”映画【ダーティー・ハリー4】(原題:SUDDEN IMPACT)様に既存オートマグM180をプロップガンに改良し、仕立てたものと思い込んでいました。しかし、実際に僅かでは有るが実弾発射可能な物が存在したとは、このモデルがブローバックガンとして発売されるまで知りませんでした(^_^;)勿論【ダーティー・ハリー4】は、何回も見てますし、DVDも持ってます。恥ずかしい限りです(;へ;)
※実際の「.44オートマグM280」は、AMT社がクリント・イーストウッドに贈呈した特別に作ったモデル。“CLINT1”(クリント1)の愛称は、その銃の刻印から呼ばれている。
※実射性能は、個人向けに製作された特別モデルの為、「AMT M180 .44オートマグ」の様に“オートジャム”なのか、完璧な作動を見せるのかは不明。ただ、映画の中では完璧な作動をしていましたね(^_^)ってそりゃ当たり前か(><;)







★トイガン★
※トイガンでは、“マルシン工業製”でBB
 弾発射可能なブローバックガスガンとし
 て初のモデルアップである。使用弾は、
 8㎜BB弾使用。

※スタイルは、抜群!現代の銃器にも充
 分太刀打ちできる物があります。ただ、
 バレル長が8.5インチもあり、少し間延
 びした感が否めません。
 6.5インチの方が視覚的にはバランス
 が取れてる様に思うのですが、皆様は
 如何ですか?これは飽くまで私の主観
 ですけれど・・・(^_^;)

※次に作動ですが、この時期ですからマ
 ガジンを充分暖めてから作動させれば
 完璧に作動してくれます。ブローバック
 の手応えは、そこそこの物があります。
 でもWAマグナマルイ社デザート・イーグル程ではないですが。

※実射性能ですが、申し訳ございません。空撃ちしかしておりません(><)暖かい季節になったら撃って見ます。
※唯一気に入らない点としましては、ブローバックストロークが非常に短い!ボルト式の銃のガスブローバック化ではこれが限界なのか、先日来発売された“南部十四年式前後期型”もブローバックストロークが非常に短い。今後何らかの形で改善され、更に贅沢を言えば、ショートリコイルも再現されれば、もっと楽しいガスブローバックガンになると思います。













※この発売が発表された時は、狂喜して喜びました!そして、“クリント1”後に発売されるであろうノーマル「AMT M180オートマグ」に期待しましたが、今のところ発売される可能性はかなり低い状況ですね(><)
※最後に今一つ我侭を言わせて頂ければ、金属製“CLINT1”で採用されていた木製ガンケース。そうダーティー・ハリー4で出て来た木製ガンケース入りで、しかも木製グリップ付の特別仕様で再販してくれれば言う事なし!
色々注文を書き、鬱陶しく感じた方も居られると思いますが、好きな銃だからこその我侭とお聞き流し下さい。

※しかし、右写真の角度で見る“.44オートマグ”は、いつ見てもカッコイイ~!!












































  

Posted by のぶちゃん at 00:03Comments(2)other

2008年03月01日

久々に「ジャパン・スティール・チャレンジへの挑戦」(近況)





☆☆昨日、30,000Hit突破致しました! 皆様ありがとうございますm(_ _)m☆☆

※ブログにチャレンジして、まだ5ヶ月しか経ってないと言うのに30,000Hitもの数字!拙い文章や下手な写真なのに多くの方々に見て頂き、感謝感激です。これからも見易いブログにする様に努めますのでどうぞ宜しくお願い致します。

“ジャパン・スティール・チャレンジ”への挑戦【第3弾】


*新しいシリーズ始めたばかりなのにいきなり違う話題で申し訳ないです(><)

※明日から3月。吉初として、本格スタートを切ろうと思います。
 *昨年12月に当ミリブロ内のGunshopつげ若女将(?)ちーちゃ
 ん様
に触発され、“ジャパン・スティール・チャレンジ”への参戦を
 決意!早速練習と思いきや年末年始の忙しさにかまけ、更に年明
 け1月以降の寒さに負け、殆ど射撃の練習をしていない私(><)

 しかし先に書きましたが、今日からは弥生3月。暦では春!春の選
 抜甲子園大会も今月22日から始まるのを機に本格練習を始めた
 いと思います。

 それに、年明け以降遊んでいた訳じゃありません。1,2月は老体に
 鞭打ち、体力造りとしてジョギングと町のトレーニングジムでウェイ
 ト・トレーニングをして来ました。(メタボリック対策でもあるのです
 が・・・汗)それに部屋での空撃ち(ドローの練習)はして来ました。

※早速、明日朝から農作業の合間に撃って来ます。まぁ今日は慣らし程度ですが・・・(^_^;)
※今回の写真は、明日練習に使用する銃。三枚目は、その練習場です。見難いですが真ん中辺りに青色の棒があります。そこに金属プレートを架けて撃ちます。距離は約6m弱あります。何れも既出の写真で申し訳ございません(><)  

Posted by のぶちゃん at 00:15Comments(7)スチールチャレンジ

2008年02月29日

オートジャム!でもカッコイイ!!




※前々回まで“ちびっ子拳銃”シリーズとして、「コンパクト・ガン」を紹介してきましたが、今回より一転し、大口径マグナム拳銃を紹介していきます。
 題して、『必殺!“ スーパー・マグナム ”』!その第1弾は、Gunファンの皆様なら、よ~くご存知の


『 AMP M180 AUTO MAG 』(44オートマグ)


★実銃★
※開発は、AM社(Auto-Mag Corporation)により、1969年に発表、1970年発売開始されました。世界初のマグナムオート。
※それまでオートマチック拳銃で強力なマグナム弾を使用するものは無かった。それは当時の技術と素材では、耐久性に劣る為である。しかし、AM社(開発者ハリーサンフォード氏)は当時の新素材であった「ステンレス材」に目をつけ、マグナム弾使用に耐えうるオートマチック拳銃の開発に乗り出し、完成したのが「.44オートマグ」である。
※しかし、レシーバーやチャンバー内の汚れによる不完全閉鎖。ステンレス鋼の加工技術の未熟さから来る内部の細かな仕上げミス。ステンレス鋼に合う潤滑油が流通してなかった等の要因から作動不良が頻繁に起こり、更には使用弾薬の.44AMPが、大幅に供給が遅れ、
308WIN弾の薬きょうを利用し自製するしかない等多くのマイナス要因が重なり、販売不振を招き、AM社は販売開始から1年後に倒産。その後「TDE」「ハイスタンダード」「AMT」と生産・販売され続けたが、1983年に生産中止となった。総生産数は、16,000挺ほどであったが、数社に渡り生産が続けられた為正確な生産数は不明である。
※『.44オートマグナム』の諸元は、
 *口径、使用弾、装弾数:
  .44口径 .44AMP(.44レミントンマグナム
  のリムレス・カートリッジ。AutoMagPistol
  の略) 7+1発
 *作動方式:
  ショートリコイル・ロータリーボルト方式
 *素材:
  ステンレス鋼材


★トイガン★
MGC製モデルガン。以前紹介した「S&W M39」と共に、私のコレクション中でも最古参の部類に入ります。
*購入後、相当年月が経っていますので、かなり外観は汚くな
 っています。大分磨いたのですが、塗装?メッキ?が剥げ
 たら困るので、軽くしか磨いてません。それに発火もしてお
 りますので、内部もかなり汚れが酷い状態です(^_^;)

※実銃は色々問題のあった『.44オートマグ』ですが、モデルガンの方はいたって快調です。
※何よりも“44オートマグ”の良さは、この未来的なスタイル!
 *開発・販売から既に40年弱が経ち、生産終了からも25年が
  経った現代でも、このスタイルは充分通用すると思うの
  ですが如何ですか?
  作動云々は抜きでお願いします(^_^;)








































































※この4枚の写真。カッコイイですよねぇ(^。^)気に入っています。あっ!写真の質については何も言わないで下さい。オートマグが悪いんじゃなく私の写真を撮る技術が未熟なだけですから・・・(;へ;)
※今回のMGC製モデルガンである44オートマグの欠点は、最終弾発射後ホールドオープンしますが、空のマガジンを抜くとボルトがリリースされます。まるで南部十四年式の様に・・・(><)どこか壊れているのかな?それともMGC製オートマグは、この様な仕様なのでしょうか?購入後かなり年数が経っているもので、説明書はおろか箱も無くなっているので知る由もありません。ご存知の方有りませんか?

※最後に、今後数回に渡り、私が所有する『大口径マグナム・ガン』について、紹介していきます。どうぞお付合いの程宜しくお願い致しますm(_ _)m




  

Posted by のぶちゃん at 00:05Comments(5)other

2008年02月23日

帝国の遺産(その2)~祖父の思い出~





















『 南部十四年式拳銃 』(帝国陸軍制式名称:十四年式拳銃)

≪祖父の苦い思い出≫
 ※私には、母方の祖父が居る。男4人女2人の6人兄弟の長男として、大正3年(1914年)生まれ、当年94歳に
 なります。
  その祖父に昨週17日の日曜日に所用があったのか、我家に来ました。丁度購入したばかりのマルシン製
 『 南部十四年式拳銃』(ブローバックバージョン)
を居間に置いていたのを見つけ、曾孫(私の愚息共)と話して
 た。


  祖父:「大きい祖父ちゃん(私の祖父の事を曾孫にはそう言います)は、昔、支那(中国)でこれの本物を撃った
    事有るんやで」

  長男:「ほんま?どんなんやった!?」

  祖父:「△△大尉さんちゅう人が持ってたのをな撃たしてもろたんや。よう当ったでぇ~」

  次男:「敵の兵隊を撃ち殺したん?」

  祖父:「人は撃ってへんよ。夕ご飯のおかずの羊撃ったんや。戦争で飼ってた羊が逃げ出していてそこら中に
    おったんや。」

  長男:「拳銃で撃ったの?ライフルで撃たんかったん?」

  祖父:「小銃は戦争用やさかい勝手に撃ったら怒られたんや。拳銃と弾は、その偉い人が自分でこうたんや。」
    (「こうた」は「買った」の意味です。)

  次男:「大きい祖父ちゃんは、持って無かったん?」

  祖父:「ジイちゃん等は下っ端やし、貧乏やったからこうてへんよ。この鉄砲は○○ちゃん(愚息次男)のか?」

  次男:「ちゃうよ。父ちゃんのや。」

  祖父:「なんや。大人のくせにこんなオモチャで遊んどんか!?」

そう言われて、傍で居た私は「大人のくせに」って言われたら少し恥ずかしかったんですけど、

  私  :「子供のオモチャとは全然違うよ。造りも値段もよ。これは、大人の趣味やで。」

って言ったら納得したのかどうか判らないですけど何も言わなかった。
 その後、私の所有している銃を息子達が見せていましたが、“マウザーKar98k”を見て、

  祖父:「見た事の有る小銃やなぁ。敵兵が持ってたで。」

 その他にも“ブローニングM1910”“エンフィールドMkⅢ”も知っていた。ただ、エンフィールドは私の勝手な想像ですが、26年式拳銃と間違ってる様でした。それはともかく、丁度息子達も居て、良い歴史勉強する機会なので戦争体験を色々聞こうと思い祖父にお願いしたが、

  祖父:「もうだいぶ昔の事やさかい忘れたは~。
      ○○ちゃん等これから畑行くさかいに一緒に行こらぁ。
      大きいジイちゃん腰イタイさかいに、○○ちゃんの力貸
      して欲しいんや、荷物提げられへんさかい」

 と言って、息子達と出て行ってしまった。







 ※今から30数年前、私が小学5年頃にも上述の祖父と曾孫の息子達のやりとりを経験をしています。
 夏休みの宿題で「太平洋戦争について作文を祖父母から聞いて書く」と言うのがあり、祖父に聞いてみたが適当
 に誤魔化され、更に私が
 「宿題やから、聞いて作文を書かなあかんのよ!」
 と言うと、凄く叱られ、それ以上は怖くて聞けなかった事を思い出します。
 後で祖母に聞いたら、

 「じいちゃんは、戦争に行って、見たり聞いたりした事は、しゃべりたがられへんよ。私が教えてたらよ。」

 と言うやりとりがありました。



 ※ただこれだけの事ですが、今思い出すにつけ、祖父は中国大陸東北部(旧満州)で何があったのか気になります。思い当たる節としては、昭和14年(1939年)再召集され、満州に行ったが昭和17年(1942年)に病気を患い家に帰ってきた。その入れ代わりに祖父の直ぐ下の弟が出征し、この翌昭和18年の秋にフィリピンに向かう途中、輸送船を沈められ戦死した。
 「自分は病気で戦線を離れ、兵役が務まらず帰宅、入代わりに弟が出征し、戦死。本来であれば弟が家を継ぎ、戦死は自分がすべきだった。」
と言って悲しんでいた事があると祖母や母に聞いた事があります。
 この事が、戦後63年たった今でも祖父の心の傷(?)苦い思い出(?)となっているのかと思うと少し可愛そうで、子供の頃ならともかく、40を過ぎた良い歳になっている自分なのに心無い事を聞いたかなっと少し反省しています。


 ※でも、曾孫と「南部十四年式」で遊んでいる姿は、感慨深げでは有りましたが、そんな苦い想い出なんか一切無い様な雰囲気でした。
 ちなみに、この祖父は94歳になった今も、車を乗り回し、彼女(祖母は20数年前に他界しております)をつくって、ゲートボールに勤しんでいます。取敢えずシャンシャンした元気なジイちゃんです(^_^;)
  

Posted by のぶちゃん at 19:10Comments(0)雑話

2008年02月22日

帝国の遺産(その1)



大日本帝国陸軍制式拳銃


『 南部十四年式拳銃 』


(陸軍制式名称:十四年式拳銃

★実銃★
※大正13年(1924年)名古屋造兵廠において、南部式大型自動拳銃(通称:パパナンブ)を基に開発した拳銃である。翌大正14年(1925年)に大日本帝国陸軍に制式拳銃として採用された。
『南部十四年式拳銃』は、制式拳銃に採用後十年弱はそのままであったが、様々な問題が発生し、その都度改良された。その内容は以下の通り、(下写真左:前期型、下写真右:後期型)
 



















*昭和9年(1934年)マガジンセイフティーを撃針及び撃針バネ保護を目的に追加。弾薬未装填時に撃発させると撃針と同バネを傷める事例が多発した為。
 *昭和14年(1939年)トリガーガードの改良を行なう。当時の戦場満州の冬季軍手着用時にも楽に発射できる様トリガーガードに膨らみを持たせる改良を施した。その形容から“ダルマ型”とか“北満型”と呼ばれた。これ以後十四年式拳銃はこの形のトリガーガードが標準となる。
 *昭和15年(1940年)マガジン脱落防止バネを射撃中にマガジンが脱落する事例があった為追加された。
 これらの改良後、昭和20年(1945年)“九四式拳銃”に制式拳銃の座を譲るまで生産された。総生産数は20万丁を超え、終戦まで94式と共に使用された。

『 南部十四年式 』の諸元は、
 *口径・使用弾・装弾数:8㎜、8㎜ナンブ(8㎜×21)、8+1発。
 *全長及び重量:230㎜、890g。
 *初速と有効射程:325m/s、50m。

★トイガン★











※4丁何れも≪マルシン工業製 8㎜BB弾仕様≫
固定ガスガン上右写真2枚。右写真:右前期型・左後期型
 *何れも固定ガスガンながら、コッキングボルトが稼動し、シングルアクションでの射撃可能。
 *外観は、実銃を忠実に再現されている(祖
 父談)。グリップはプラスティック製。マニュア
 ル・セイフティーがグラグラ動き不時に動く。
 但し、セイフティーON(安)の為には180度
 半回転が必要であり、勝手にセイフティーが
 懸かる事はない。
 *実射感は、DAはどの固定ガスガンも共通
 の重いトリガープル。SAだと比較的軽い。
 ただ、実銃はもっと重いらしい(祖父談)だか
 ら、この固定ガス方式の「南部十四年式」
 は、実銃に限りなく近いトリガープルと言えな
 くも無いですね(^_^)
  弾道は素直ですが、6㎜の様な事はなく、
 飛ぶ!弾が出る!って言う感じかな(^_^)
ガスブローバックガスガン右:前期型、左:後期型
 *何れも今週購入のガスブローバックガスガン。
 *外観は、ほぼ固定ガスガン同様。異なるの
 は、グリップが木製(限定装備)。
 セイフティーがシッカリしており固定ガスガン
 より改善されている。

 *実射感は、トリガープルは固定より軽くなっ
 ている。(実銃のフィーリングから遠ざかって
 いる?)
 実銃同様シングル・アクション・オンリー
 弾道は、まだ撃ってません(><)
 空撃ちのみ。ホールドオープン機能がオミッ
 トされているので、空撃ちができます。
 弾が出るモデルガン感覚でコレクションして
 いる私にとっては、このオミットは喜ぶべきか悲しむべきか・・・複雑です(><;)また、ショートリコイルもオミットされております。ますます複雑・・・やっぱり悲しいです(;へ;)

 *最後に今一つ残念な事として、ブローバックのストロークが短い!オートマグクリント1でもそうでしたが、かなり短い(><)
写真のマルシン社製モデルガン「南部小型自動拳銃(ベビ-ナンブ)」と同等か少し短い位です。ガスブローバックとするには、構造的に止むを得ない事とは言え少し残念であります。


※さて、次回は「南部十四年式拳銃」にまつわる極私的な話題をお話します。
  

Posted by のぶちゃん at 17:15Comments(3)other

2008年02月16日

S&W社初のDAオート














『 SMITH&WESSON M39 』

★実銃★
≪SMITH&WESSON M39≫(以下S&W M39)は、1954年S&W社初のダブルアクション・オート・ピストルとして開発・製造されたオートマチックピストルである。
 この銃は、同社の自動拳銃シリーズの基本形になった。
※「S&W M39」の諸元は、
 *口径:9mm。
 *使用弾薬:9mmパラベラム。
 *装弾数:7+1発。
 *作動方式:ダブルアクション、ショートリコイル方式。
※上述の通り、この「S&W M39」は同社オートマチックピストルの基本形。そのバリエーションや派生モデルとして相当数のモデルがある。基本的に型番が2桁であるものは第1世代型、3桁であれば第2世代型、4桁であれば第3世代型に分類されている。
 代表的なものに“S&W M59”“S&W M4506”“S&W M3913”等がある。
※「S&W M3913」は、日本警察でも一部採用されている。












★トイガン★
※『S&W M39』は、マルシン製モデルガン
私のガンコレクション最古のものと思われます。思われますと言うのも買ってた事を失念しており、昨夕コレクション整理中に発見しました(^_^;)良い物を買ってました( ̄―+ ̄)ニヤリ
*状態は、お世辞にも良いとは言えませんが、貴重な物を発見しました。
*記憶をたどれば、コルト32AutoS&W M59(SV)何かもあったのですが、見当らない(>_<)残念です(;_;)





  

Posted by のぶちゃん at 00:10Comments(1)S&W

2008年02月13日

小さな万能拳銃!?





≪チビッ子拳銃≫ シリーズ “第20弾”

          『 H&K UNIVERSAL SELFLOADING PISTOL COMPACT 』(H&K USPc)

★実銃★
※現代ヨーロッパで、SIG SAUER社と勢力を2分する高技術力とアイデア力で銃器メーカー大手になっている“ヘッケラー・アンド・コック”社(以下H&K)が開発したのが、『H&K UNIVERSAL SELF LOADING PISTOL 』(以下H&K USP)。更に形態性を重視し、女性でも扱い易い様に改良したのが、『 H&K USP COMPACT 』(以下H&K USPc)である。
※まず、基銃の「H&K USP」は、1993年に開発された。それまでのH&K社は“H&K P7”スクウィズ・コッカーに代表される様々なアイデアを盛り込んだ製品ではなく、オーソドックスなショートリコイル・ブローバック式を採用し、銃本体のマテリアルをグロックに代表されるポリマー素材を利用した銃として完成した。更に、「H&K USP」をコンシールド性を高め、小型化したのが『H&K USP-C』である。
※「H&K USP」には、セイフティー&デコッキングの仕様の違いとアクション機構の違いにより、バージョン1~9までの仕様があり、ユーザーの用途に細かく対応している。このバリエーションが「H&K USP-c」にも採用されている。

「H&K USP-c」の諸元は、
*使用弾(装弾数):9㎜パラベラム(13+1発)、40S&W(12+1発)がある。
 ・アメリカ向に45ACP使用もあるやに聞いています。
*セイフティー&デコッキング、アクション機構の違いによりフルサイズ同様にバ-ジョン1~9まである。











★トイガン★
※今回の『H&K USPc』は、KSC製ガス・ブローバック。
*刻印もしっかり打刻されています(レーザー刻印かな?普通の打刻?)










※実射感ですが、前々回の「M945」シリーズで高い評価を得た“焼結成型金属”を主要部品に多用した第2弾モデル。
“焼結成型金属”は、使用しているが「M945」程のトリガーの切れは残念ながら無く、ねばる様なトリガ-・プルになってます。DA/SA仕様であるから、ある程度仕方が無いかもしれませんし、機構上、そういうものかもしれません。よくわかりません(><)
*グリップ感は、写真の如く私の手にピッタリ!ダブルカラアムとは思えない位にヒィットします(^_^)

*また、マガジンはフィンガー・レスト有が標準ですが、フィンガー・レスト無しの部品も同封されており、自分で交換できる様になっている。私の場合予備Magを2つ持ってますが何れもフィンガー・レスト無しに交換してます。
※ところで、一時期射撃中に「USPc」スライドが割れる(?)と言う事が、各所で聞かれましたが、私この「USPc」は写真をご覧頂いたとおり、キズだらけです。かなり撃ち込んでます。でもスライド割れやヒビ等一切ありませんし、その兆候すらありません。ただ、サバイバルゲーム等ハードな場面で使用していないので、問題が起こらずにいるのかもしれません。しかし、自宅付近の農園や山野で撃っているので、そんなに優しい扱いはしてませんからそこそこの耐久性は有るんじゃないかと思います。でも「当たり個体だったから、状態が良いんだ!」って言われればそれまでですが・・・(><)







この角度から見る『H&K USPc』。どうですか?カッコイイでしょ(^_^)v





☆ところで、長らく続けてきました≪チビッ子拳銃≫ シリーズですが、今回で第20弾を迎え、これまで私が所有する【コンパクト・ガン】を20種24丁も紹介してきました。まだ、【コンパクト・ガン】は幾らか有るのですが、第20回とキリが良いので一時終了とします。
「じゃ次は何すんや?」「まだ決めてません(><)これから考えます。ひょっとして直ぐに≪チビッ子拳銃≫シリーズ復活するかも(^_^;)

  

Posted by のぶちゃん at 00:07Comments(6)H&K

2008年02月11日

最高のカスタムメーカーが出した.45口径キャリーガン




≪チビッ子拳銃≫シリーズ “第19弾”

               『 WILSON COMBAT TACTICAL SUPER GRADE COMPACT』

★実銃★
「ウィルソンコンバット タクティカル スーパーグレード コンパクト」(以下WILSON T.S.G.C)は、2003年WILSONN COMBAT社が、メーカー各社が「コンパクトサイズ.45」開発に凌ぎを削っている最もホットなクラスに満を持して投入した同社の最高グレードコンパクトキャリーガンである。
その性能は、「25ヤードで1インチを保証する」と言うもの。更に、驚くのは、その販売価格。$3,495ー(現為替相場の日本円で、37万円強!)。通常ハンドガンで高くても$1,000〜1,200ー(約11万〜12万円位)なので、相当な自信を持って市場に送り出したと思われます。
★トイガン★
※『WILSON COMBAT TACTICAL SUPER GRADE COMPACT』は、ウェスタン・アームズ社が“2004年シブヤ・エリート”として、限定1,000丁(WA渋谷店オリジナル仕様500丁、一般向500丁)で販売した、一般向けの2トーン・モデル。






※今回の「WILSON T.S.G.C」で、全体がお気に入りですが、その中でも特にウィルソン・オリジナル“サイト”がいいですね(^_^)









※更に、グリップ感も全体にバランスが良く、コンパクトでも4.1インチと比較的長めのバレル選択の為でしょうかね。
※これはまったく撃ってません(^_^;)即行“殿堂入り”モデルです。
  

Posted by のぶちゃん at 00:06Comments(2)Wilson

2008年02月10日

S&W.45口径コンシールドキャリーガン(part2)




≪チビッ子拳銃≫ シリーズ “第18弾”

               『 SMITH&WESSON M945 COMPACT 』 別称 < JOKER >

★実銃★
※詳細は、「M945C」「M945“JOKER”」とは、口径や使用弾、バレルサイズ等は同様。ここでは、「M945C」大きな違いについて書こうと思います。
※「M945C“JOKER”」と「M945C」と大きく異なるのは、外観にである。(下左右写真)



















 *全体の感じが、「M945C」はS&Wオートの“レディースミス”に近い形状に対し、「M945“JOKER”」5inフルサイズを短縮した様な形状をしている。各部毎に見ていくと、
  ・スライド形状⇒5inフルサイズ同様、軽量化の為
            段差加工を両側面に施してい
            る。また、フロントにもM945
            シリーズの最大の特徴である
            スケイルドセレーションを付加
            した“ステップドスライド”である。

  ・フレーム形状⇒ダストカバー部(トリガーガード
            前方部分)を「M945C」の“レ
            ディースミス”型から水平(フルサ
            イズ・タイプ)
に近づけたタイプと
            なっている。




※この『 S&W M945 COMPACT “JOKER” 』は、先の「M945C」以上にアメリカでは超レアな物で、新品店頭価格が2,000㌦弱。実売1,800~1,900㌦だったのが、中古で3,000㌦以上もの値が付いている。
★トイガン★
※トイガンの方は、KSC製ガス・ブローバック 『 S&W M945 COMPACT “JOKER”』です。
※まず、気になるのは名称の<JOKER>。メーカーの説明によると前作「M945C」と区別の為の名称。更に「M945C」よりも精悍さやスマートさを増幅した“切り札(JOKER)”的存在として名付けたとしている。実際はどうか撃ってその性能を確認しました。
※実射性能の確認と言っても弾速計も無く、集弾性能も東京マルイ製「プロターゲット」で計るのみ。後は感覚的な感想になるかとは思います。
 *先に結果から申しますと、距離約10mで数発がターゲットからハズレましたが、その他は枠内におさまりました。ポップ調整無しの箱出し状態ですのでかなり良いと思います。
 *そして、本体Mag1+予備Mag3計4Magで、約2時間位で約500発、自宅裏の竹薮に適当に目標を定め、乱射(^_^;)しました。
 *マガジンを使い捨てカイロで温めながら、撃ち続けましたが何ら問題ありませんでした。快調!作動でした~(^。^)/
 *実射後、メンテナンスしながら気付いたのですが、主要部分に焼結成型金属を多用している事もあって、僅かな傷(擦り傷)は付いてましたが気になるほどでは有りませんでした。スライドは、ABS製の為かなり擦れた後が有りましたが、これも後々気になる様なものではありませんでした。
※最近、KSC製品は品質的に問題が多いと、某大型掲示板で見ます。それは、「H&K33k」に代表される電動ガンであって、ハンドガンに関しては、旧来(MGC下請け時代)からの高品質を維持していると思われます。今後紹介するであろう「HK USPc」や「SIG」等も何ら問題無しに作動してます。ただ大量生産の工業製品ですから多少当たり外れは存在するのは認めざるを得ませんが。
※最後に今回の「M945“JOKER”」は、作動や性能に加え外観も気に入りました。前回の「M945c」同様“殿堂入り”と致します。
☆この『S&W M945 “JOKER”』シルバー・バージョンが欲しい!(>○<)!

  

Posted by のぶちゃん at 00:10Comments(10)S&W

2008年02月09日

S&W.45口径コンシールドキャリーガン(part1)





















≪チビッ子拳銃≫ シリーズ “第17弾”

                              『 SMITH & WESSON M945 COMPACT 』

★実銃★
※1997年 SMITH&WESSON社カスタム部門“パフォーマンスセンター”により製作されたフルサイズ.45オートが、今回紹介するモデルの基銃「S&W M945」。それを、全長で43㎜、全高18㎜も短縮小型化したモデルが『S&W M945 COMPACT 』(以下M945c)である。

M945cは、フルサイズ・モデルの単純な短縮形ではなく、幾つかの共通部分は有るもののオリジナルな部分も多々あり、別物とまでは行かないまでも、それに近いコンパクトガンである。まず共通部分では、
  ①スライド側面のスケイルド・セレーション(鱗状滑り止
  め溝)

   *実銃界でも極めて珍しい仕様で、M945ジリーズ
    外観上の最大の特徴となっている。

  ②リング状のスフェリカル・プッシングを採用。
   *スライド先端部でバレルを保持し、ショートリコイル
    時には僅かに上下動に併せ傾倒する。この事によ
    り高集弾性能維持に貢献している。

 次に相違点として、
  ①スライドとフレームの形状がかなり違う。
   *フルサイズM945と言うよりも、従来のS&Wオー
    ト・コンパクト・サイズ(「レディースミス」と呼ばれる
    物達。)の様なフクヨカなもので、言い換えれば“女
    性的”
な温かみのある(銃に温かみと言う表現は可
    笑しいですが・・・汗)形状になっている。

  ②パーツ形状の相違。
   *セイフティーのスリム化、スモールマガジンキャッチ、F/Rサイト等が異なる。
 等々共通・相違点が多々あります。
「M945c」の諸元は、口径及び使用弾.45口径45ACP。装弾数6+1発。シングル・アクション。
※実銃界での「M945c」の希少価値は、現在ではかなり高いものとなっており、常に護身用に持ち歩くと言うよりも、コレクターズアイテム化して高額で取引されている。


★トイガン★

KSC社製ガス・ブローバック
『 S&W M945 COMPACT 』です。
その特徴は、

 ①実銃パーツと同じ素材の焼結成形金属を主要パーツ(トリガー、ハンマー、シアー等)に採用している。
 リアル・ライブ・ショートリコイル。実射時スライド内側上面とバレルの溝が噛み合ってロックすると言う実銃と同じショートリコイルであります。
 ③パーティング・ラインが消えて、実銃と同じレーザー刻印がなされている。

と言う様なものがあります。KSC社の宣伝文句みたいですね(^_^;)
※外観上、私が気に入っているのは右写真や上写真群にある“レーザー刻印”です。写真は見難いですが、ハッキリクッキリ刻印されています。
※また、実銃の素材ステンレス・スチール材を表現したシルバー・メッキも抜群!パーティング・ラインが消え、フレーム、マガジンのヘアーライン加工と相まって、大変美しい仕上がりとなってます。最高の一品ですね(^_^)V




※次に≪実射≫ですが、試射のみです。「M945c」は私の中では、撃つ銃ではなく鑑賞する銃。と言う位置付けになります。
 *作動は、試射程度ですが完璧。ブローバックも小気味良い。
 *トリガープルは、非常に軽い。しかし、トリガープルは軽い!と言ってもキレはスパッと切れます。無駄がありません。

 *命中精度は、試射程度の実射で精度がどうのこうの言うのは無理があり、今回は割愛します。

※この「M945C」は、数少ない私のコレクションの中でも、フルサイズと共に“殿堂入り”している銃の一つです。

※さて、次回はもう一つの『 S&W M945 コンパクト 』を紹介します。


  

Posted by のぶちゃん at 00:05Comments(5)S&W

2008年02月08日

コルト.45口径コンシールドキャリーガン(part 2)





















≪チビッ子拳銃≫ シリーズ “第16弾”

                          『 COLT MkⅣ SERIES’90 DEFENDER 』

★実銃★
「COLT MkⅣ SERIES’90 DEFENDER 」(以下ディフェンダー)は、前回紹介しました『 COLT MkⅣ SERIES’80 OFFCER’s ACP 』(以下オフィサースACP)を、愛称の通り、コンシールド・キャリー・ガンとして更に特化したモデルである。
※その特徴として、
 ○銃の材質をスライドにステンレス・スチール材を使用
  し、テフロン加工が施されている。フレームにはアル
  ミニウム材を使用し軽量化を実現している。
 ○銃身長をオフィサーズACPより。0.5in短縮し、3inと
  している。また、プッシングレス・バレル採用。
 ○トリガーは、アルミ製スケルトントリガー。ビーバテェイ
  ル・グリップ・セイフティ採用。
○サイトは、フロントがホワイト・ドット入りパートリッジ・タイ
  プ。リアサイトがホワイト・ドット入りノバック風サイトを採
  用。(COLT社は“キャリーサイト”と呼んでいる)
○グリップは、ホーグ社のフィンガーチャネル付ラバーグリ
  ップを純正としている。
以上の通りかなり現代風にアレンジされたキャリーガンである。

 *個人的には、マニュアルセイフティで、ノーマルのM1911A1と同様の片側のみのスタンダードセイフティアンビのワイドセイフティー辺りにすればとも思うが、キャリーガンとして出来るだけ出っ張りの少ない方が良い事からノーマルのセイフティを採用したと思うが、少し残念です。
★トイガン★ 
※この『 COLT MkⅣ SERIES’90 DEFENDER 』は、ウェスタン・アームズ社製S.C.W Ver.3
 *現在、スプリング・フィールド・アーモリー『 V10 ウルトラ・コンパクト 』のシルバーとブラックが発売され、ハーフトーンバージョンも今月発売されると言う事で、人気を博し、売り切れ続出、WA社としては異例の再生産を行っている。私の場合は、天邪鬼かも知れませんが、「V10」よりはこの「ディフェンダー」の方が魅力を感じるのは、派手なカスタムよりシンプルな方が好きだからか、或いは年を取った性かな?(;へ;)
※取敢えず「V10」の事は置いといて、この「ディフェンダー」ですが、外観的には言う事無し!
唯一気に入らなかったホーグ風の“フィンガーチャネル付ラバー・グリップ”ですが、写真左(他の写真も同様)の様に「オフィサーズACP」に付いていた亜鉛合金製の「木目調メダリオン付グリップ」と交換してます。私的には非常に見栄えが良くなりました(^_^)

※次に実射感ですが、全くと言って良いほど撃ってません。撃ち用には「オフィサーズACP」で済まします。とにかく勿体無い!しみったれですが(^_^;)































※最後になりますが、「ディフェンダー」で最もカッコイイと思われる姿は、次の写真の通りホールド・オープンした姿ではないでしょうか?
 *基本的にオートマチック・ガンは、オープン状態が相対的にカッコイイですけどね(^。^)

  

Posted by のぶちゃん at 00:20Comments(8)Colt(M1911系)