アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
のぶちゃん
のぶちゃん
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2008年06月14日

似た者同士(^_^)ライバル関係?





☆最初に『50,000Hit』ありがとうごうざいます!m(_ _)m
最近、忙しさに感けて更新が滞りがちの中、各も多くの方々に御覧頂き、大変驚いて居ります。これからも頑張って行きますのでどうぞ宜しくお願い致します。


さてさて今回は、

『S&W M686 & COLT PYTHON』


※実銃については、Smith&Wesson社Colt社を夫々代表する“357Magnum”使用のリボルバー。
 *タイトルの「似た者同士」とは、一目瞭然。パッと見れば同じ物か?でも直ぐ解る両銃の違い。似ているのはバ
  レルの形だけ。似ていると言うのは雰囲気だけで、実際は全然違うのですけどね(^_^;)


 *次の「ライバル関係?」は、普通のGunファンならば、『COLT PYTHON』“ライバル”は44Magnum使用の【S&W M29】と考えるでしょう。(映画「ダーティーハリー」絡みで・・・。)私の場合、どう考えても『PYTHON』と『M29』は使用弾の威力の違いや外観の大きな違いからライバルとは考え難いのです。(ただし、PYTHONとM29は両社を代表するリボルバーであることには違いありません)どちらかと言うとこの『S&W M686(M586)』の方がより『PYTHON』とはライバルではないかと思います。
 *しかし、両銃の間には開発年次に24年と言う開き(「PYTHON」1956年「S&W M586」1980年)があり、単純に“ライバル”として比較するには『PYTHON』の方が余りにも不利と思います。

※それで、トイガンの方ですが、
『S&W M686』です。マルシン工業製モデルガン。大阪は南の某Gunshopで新品のデッドストックされてた物を引取りました。
 同SHOPには、このモデルとパックマイヤー製ラバーグリップ付の2品が有ったのですがラバグリ付の方は純正のプラグリップが付属していなかった(紛失したそうです)ので、ノーマルを選びました。長らく倉庫内に眠っていた割りには、状態が良く満足しています。









『COLT PYTHON』です。東京マルイ製ガスガン。これも某GunSHOP出品の大型オークションで落札した物。前の所有者が塗装し、グリップもノーマルのラバーグリップから木グリ風のプラグリに換装しています。今回は写真はありませんが、ノーマルの『COLT PYTHON』も所有していますが、この使い古し、ブルーが剥げた感じに仕上がっている外観が気に入って落札しました。良い写真ではないですが、雰囲気が出てると思いませんか?解りずらいですね(><;)







※実射感ですが、『S&W M686』はモデルガンの為、撃つ事は出来ませんが、『COLT PYTHON』の方は24連射バッチリ!ノーマル純正品と変らない感じです。(外観カスタムで中身はノーマルやから当たり前ですが・・・汗々)この後コレクションしているカート式にカスタムした『COLT  PYTHON 6in』モデルのシリンダーと交換し、更にマルベリーフィールド製(?)木製グリップに換装し、よりリアルなシューティングを楽しもうと考えてます。













  

Posted by のぶちゃん at 00:02Comments(11)リボルバー

2008年06月07日

F.B.I正式採用銃





『スプリング・フィールド・アーモリー FBIビューローモデル 』


※今回も先の『MEUピストル』に引き続き“J-Amory”製ガス・ブローバック・ガンで、発売からかなりな日数が経過しておりますが、最近手に入れました。これもMEU同様にかなりな特価販売品でした(^_^)v
≪最近私の財政状態が逼迫しており、この様な特価品を買う事が多いんです・・・涙)・・・しかし!後数日でボーナスが出る!!一気に私の財政が好転します・・・するでしょう・・・多分する・・・するかな~?妻の服に子供達の物・・・ギャ~!買う物が多過ぎる!無理だぁ!!財政は逼迫したままやぁ(>。<;)


話は横道にそれましたが、本題へ・・・(^_^)

※実銃※の話。


 アメリカ合衆国連邦捜査局<F.B.I>が、S&W M13 に換わる制式銃として、厳しい各種のトライアルの結果採用を決定したのがこのスプリングフィールド・アーモリー社(以下SFA)製『FBIビューローモデル』である。M1911系のカスタムガンでは、最高峰に近い仕様になっている。
 *また、この『FBIビューローモデル』については、SFA社がFBI採用モデルと同仕様で一般販売を企図した(約200丁限定?)が、FBI当局より一般販売にストップが掛かり、一部は回収されると言う珍事が有った。
 *ちなみにJ-Amory社がモデルとしたこの『FBIビューローモデル』は、ノバック・サイトで有名な“ウェイン・ノバック”氏のコレクションをモデルとしているそうである。

 *しかし、現在ではSFA製『FBIビューローモデル』.40S&W弾使用の銃に換わっているそうである。銃の種類はわからないですが・・・ほんとうかな?知っている方居られましたらコメント下さいm(_ _)m








続いては※トイガン※の話。
*左の写真は、『FBIビューロー』とWA社製“ウィルソン・コンバットFBIトライアル・ピストル”です。実銃の世界ではFBIビューロー・モデルに敗れたFBIトライアル・ピストルですが、トイガンでは作動感や材質、表面処理等でFBIトライアルピストルの方がビューローモデルを凌駕しておる様に思います。(私の主観ですが・・・。)
*このFBIビューローMEUピストル同様に貴重なコレクションとして長く所有を考えておりますが、やはり撃たなきゃその良さはわからない!っと言う事で実射編ですが、今回はトライアルピストルと共に撃ちました。


 ・精度や弾道は、製造が何れもWA社と言う事で何ら遜色は無いと思いますが、リコイル感は材質から来る違いが如実に現れました。SFAビューローはABS材、一方トライアルピストルはヘビーウェイト。ガツン!ガツン!!来るのはやはりFBIトライアルピストル。表面処理から来るのであろうけれども、雰囲気もやはりトライアルピストル。とは言え、やはり実銃で制式採用されたと言う事が不動のアドバンテージ。幾らトイガンで綺麗に強力に仕上げても最後はそこで負けてしまう。
*いずれにしてもこの両銃は私のコレクション中では最高峰に位置するに充分なものであると思います。


※最後は、この『SFA社製FBIビューローモデル 』『ウィルソン社製FBIトライアルピストル』夫々の各部分の比較写真等掲載します。








































  

Posted by のぶちゃん at 00:04Comments(6)other

2008年06月04日

MEUピストル・・・慌てる者は貰いが少ない。でも後悔せず!





『 MEUピストル レイト・モデル 』


※今回のモデルは、アメリカ軍海兵隊遠征部隊用に採用されているcal.45のM1911カスタムモデル。実銃についての詳細は、今更説明するまでも無く皆様の方が良くご存知と思いますので割愛します(^_^;)

※今回のモデル『 MEUピストル レイト・モデル 』は、J-Amory製(WAへのOEM製品?)。
*これは、3週間ほど前に某大手電気店のK○ds L○ndで30%offでラスト1丁を購入しました。購入2日後に東京マ○イ社が静岡ホビーショウで次期新製品として【 MEUピストル レイト・モデル 】発表し、しかも発売はかなり近い様な情報で驚愕!ショック百倍でした(>へ<;)この事が今回のタイトルに繫がる訳で・・・安さと、最後の1丁に吊られ衝動買い・・・後悔しました。

*しかし!その後数日して某Gunshopを訪れた際、この話をすると「J-Amory社は、倒産か解散かわからないけど、もう無いよ。だから“J-Amory”製品は数年後か数十年後かわからないけど、値打ちが出るんじゃないかな?」との事。
それならばこのモデルは大事にしなければと今は心の整理を就け、東京マ○イ製『 MEUピストル 』の発売を心待ちにしている私です(^_^)v






※大事に所有するのは良いけれど折角購入したのだから、撃って見なきゃと元来私はコレクターでは有りますが、実射派のコレクターでありますので大事にガンロッカーで保管するのは生に合わない。と言う事で≪実射≫の感想です。(長い前振り・・・汗々)

※さすがにWAマグナ・ブローバック!(J-Amory製品では有りますが、OEM製品ですので敢えて“マグナ”と呼びます。)
リコイルに弾道は素晴らしい!!また、WAのマガジンも使用出来(当たり前ですが)、予備マガジンの購入も必要なし!!!
当初の後悔がどこに行ったやら、大変喜んでいます(^_^;)v


*ものは次いでだから、WA製の『MEUピストル アーリー・モデル』と撃ち比べ。ABS製とHW製の違いは有れど、中々どうして良いではありませんか~(^。^)

※今回のJ-Amory製『 MEUピストル レイト・モデル 』は、今私の週末の農作業のお供にKimberと入替っております。当面私のお供になりそうです!
※最後にレイト&アーリーモデルの夫々特徴的な部分のアップ写真を掲載しま~す。それではまた~\(^。^)/
















   

Posted by のぶちゃん at 16:13Comments(2)other